インフルエンザに感染しない対策とは

インフルエンザはたくさんの人を悩ませる病気です。毎年かならず流行するので、事前に予防をしておくことが大切です。絶対にかからないとは言いきれませんが、高熱や喉の痛みなどの苦しい症状に見舞われないためにも自分たちで出来ることを心がけましょう。
まずはインフルエンザのウイルスが繁殖しないような部屋の環境を作りましょう。湿度が大きく関係しているため、加湿器を置くことをおすすめします。加湿器がない家庭も多いと思うので、簡単で低コストな方法を紹介します。一番簡単なのは、コップに水を入れて枕元に置いておく方法です。寝ているときに乾燥で喉が痛くなったりした経験もあるでしょう。また、濡らしたタオルを干すのも効果的です。暖房を入れているときには、多めに干しておきましょう。場所も取らず、簡単なのでとても重宝する方法だと思います。また、暖房を入れっぱなしにしたまま換気をしないのはよくありません。冬はとても寒いため、ずっと換気をしない人がいます。学校でも、インフルエンザ予防で定期的に窓を開けることがあります。ウイルスを外に逃がし、感染を予防する効果があります。風邪対策にも役立つので覚えておきましょう。
インフルエンザになりやすいのは、睡眠不足やお年寄りなどの免疫が低下している人だといわれています。それをふまえて、免疫がないときには人混みのあるところは避けて通りましょう。しごとなどでどうしても避けられないときにはマスクを付けたり、手洗いうがいを行います。取っ手や手すりなど、インフルエンザウイルスは意外なところに潜んでいます。デパートやレストランなどにはアルコール消毒液が置かれていることが多いので、活用するのもおすすめです。

インフルエンザが流行る前に予防

日本では、例年インフルエンザが流行しますが、これはインフルエンザウイルスが、鼻やのどの粘膜に付着することで、感染して引き起こされる病気になります。このウィルスは、気温が低く湿度が低い環境を好むので、毎年12月から3月にかけて活動が活発になり流行しています。地域やその年の気温の変化に伴って、10月や11月ころから、インフルエンザにかかる患者さんが増え始めることもあるようです。
このウィルスの感染を防ぐためには、流行する前にワクチンを接種することが有効とされています。ワクチンという、不活性化ウィルスを体内に接種すると、抗体がつくられることで、インフルエンザウィルスの増殖を抑えてくれます。
この抗体は、ワクチンを接種してからおよそ2週間かけてつくられるので、流行する前に接種することが大切になります。
1回接種の方は11月頃に、2回接種の方は10月頃から、ワクチンの接種をするのが理想とされています。特に小さなお子さんや、高齢者の方はインフルエンザの重症化を防ぐためにも、ワクチンを接種することが重要になります。
他のインフルエンザを予防する方法は、室内の温度や湿度に気をつけることです。ウィルスの増殖を抑えるためには、湿度を50%から60%に保つのが良いといわれています。
さらには、外出先から戻ったら手洗いとうがいを必ず行って、ウィルスを洗い流すことも効果的とされています。外出する際には、マスクを着用することで、鼻やのどからのウィルスを防ぐこともできますし、鼻やのどの粘膜が乾燥することも防げるので、より効果があるといわれています。
最大の予防法は、ワクチンを接種することになりますので忘れずに行いましょう。

インフルエンザ対策に効果的な湿度

インフルエンザの予防をするためには部屋の換気と湿度を上げることが重要だと言われています。これはインフルエンザが飛沫感染で感染する可能性が高いことが理由となっています。インフルエンザのウイルスを持っている人がくしゃみや咳をすると、その飛沫に乗ってウイルスが空気中に放出され、そのウイルスを吸い込んだり、ウイルスがついた手を口や鼻のあたりに持っていくことでウイルスに感染してしまいます。空気が乾燥していると飛沫で体外に出たインフルエンザウイルスはいつまでも空気中を漂うことができるため、ウイルスを吸い込むなどして感染してしまう確率が上がってしまいます。そのために、部屋の湿度を上げることが推奨されています。
湿度が上がるということは、空気中の水分が増えるということです。その水分がインフルエンザウイルスにぶつかると、ウイルスは遠くへ飛ぶことができなくなったり、長い間空気中にとどまることが難しくなります。そのため、健康な人がウイルスを吸い込んで発症するリスクが低くなるのです。また、乾燥した空気では人の喉や鼻の粘膜が乾燥してしまうため、体内に入ってきたインフルエンザウイルスに感染しても発症しないようにする防御力が落ちてしまうのです。人の粘膜の乾燥を防ぐためにも、湿度は重要になります。
インフルエンザの予防のためには、湿度50~60%を保つと良いと言われています。塗れたタオルを部屋の中に置いたり、加湿器を利用して50~60%の湿度を保つようにしましょう。加湿器を利用するときには適切な維持が必要です。カビなどが発生したまま使用することで、インフルエンザウイルスの感染は防げても、カビを部屋中にまき散らし、別の病気にかかってしまう危険性があるからです。

<インフルエンザの流行を阻止>
インフルエンザ 薬
<常備薬を買うなら通販が安価です>
タミフルは常備しておきたい
<タミフル以外の薬が良ければこちら>
リレンザ