img_01

以前と変わらず使える格安スマホ

大手携帯電話のスマートフォン利用料金が高いと思っている場合は、格安スマホと呼ばれる通信事業者が提供している通新サービスを使うのがおすすめであり、年々利用者が増加しています。

格安スマホには、通話が出来る音声通話SIM・高速データ通信が楽しめるデータ専用SIM・ショートメッセージサービス(SMS)も使えるSMS付きデータSIMがありますので、自分のライフスタイルに合ったSIMをチョイスすると良いでしょう。

音声通話SIMに関しては、基本料金がほとんど横一線となっていて、700円前後の基本料と通話した分だけ加算される課金制を採用している事から、10分以内の短時間通話を何度もする場合は、オプションで利用できる10分定額かけ放題オプションにも追加加入しておく事をおすすめします。


友人との通話が多い場合は、無料通話アプリの活用をする事で通話代金を節約出来るので、ID交換をしておきましょう。



なお、有名SNSアプリは大手キャリアと違ってID検索ができない事が多い点には注意して使用して下さい。

格安スマホの維持費は、音声通話SIMで高速データ通信3GB付きだと2千円弱となっていて、外出先で動画等のサービスを使う場合は10GBや20GBといった高容量プランを契約しておくと月末まで不自由なく高速通信を楽しめるでしょう。



なお、データ容量の変更は1ヶ月に1回までが多く、一定の期間までに予約しておけば翌月のデータプラン変更が可能です。