img_01

格安スマホは毎月の通信費を抑える事ができます

毎月必ずかかっている固定費用と言えば携帯電話料金ですが、最近人気が出ている格安スマホに変更するだけで相当な維持費節約につなげる事ができます。

端末は、以前から使っている大手携帯電話のスマートフォンを、SIMカードの購入と契約をしてそのまま使うか、格安スマホで購入したSIMフリー端末と呼ばれる製品を使う事が可能なので、出来るだけ節約したい場合は以前の端末をそのまま使っておくと良いでしょう。

格安スマホのSIMフリー端末は、1万円台からの廉価版・3万円前後のミドルスペック等があり、ハイスペックな製品になると7万円台や8万円台で売られていて、処理能力の必要なゲーム・高画質の動画撮影をしたい場合は、ハイスペック製品を選んでおくのがおすすめです。



なお、格安スマホ事業者の一部は、長期契約の約束で購入しておくと通常購入よりも割引率を上げるキャンペーンを実施している事も有ります。



格安スマホに加入するには、各スマホの公式サイトからの場合は3千円強の事務手数料・SIMカード発行手数料が必要で、インターネットショッピングで割安なSIMカードを買っておくと、それが事務手数料となるのでお得に加入できるでしょう。



SIMカードは、音声通話・データ・SMS付きデータに分かれており、1台で全てを賄いたい場合は音声通話にし、大手携帯電話の通話用の携帯電話を別に持っている方は、2台目用としてデータSIM等をスマートフォン・タブレットに挿して使うと便利です。