img_01

格安SIMが安く利用できる理由と仕組み

キャリアのSIMの利用料金が高い理由として、基地局や収容局の管理費や維持費が掛かったり、人件費やメンテナンス費などの費用が掛かることが挙げられます。


大手キャリアだと通信を安定させたり通信速度を向上させるという目的で、日本全国に基地局や収容局を作る必要があり管理などにも費用が掛かります。



格安SIMでは独自の基地局や収容局などの通信設備を持っておらず、全て大手キャリアから借りた通信設備を使ってサービスを提供しているという仕組みです。
すべての通信設備をキャリアから借りているので、基地局や収容局の管理費や維持費が不要となっています。



格安SIMによってはCMを作っている場合もあり広告費や宣伝費が必要に成る場合もありますが、その他の費用を極限まで削減できるのでとても安くサービスを提供できています。
格安SIMの事業者がキャリアから基地局や収容局などの通信設備を借りるときには、通信速度で借りる際の料金が決まります。

通信速度には1Gbpsなどがありますが、数値が大きくなれば大きくなるほど高額な料金が必要になります。



キャリアから通信設備を借りた際の料金を、格安SIMの利用者の数で割った時の料金が実際に利用者が支払う料金です。

必要なのはキャリアから通信設備を借りる際の料金だけなので、実際に基地局や収容局を管理する必要がないので、ユーザーにサービスを提供するまでに掛かる様々な費用を極限まで削減することで格安SIMは安い料金でサービスを提供しています。