インフルエンザ予防に有効なN-95マスクとその着用写真

冬になると毎年猛威をふるう感染症として代表的なのがインフルエンザです。医療機関からすれば毎年の恒例イベントとも言うべきものであり、10月頃からのワクチンの予防接種に始まり、インフルエンザ予防に関する情報発信と呼びかけとを繰り返していくことになります。半年にわたる大イベントであることから、医療機関としても毎年新しい工夫を凝らした積極的な呼びかけを行っているのが一般的です。そこにおいて重要視されるのは予防であり、一人でも多くの人が万全な予防をしてインフルエンザが蔓延するのを防止するというのが目標となっています。日常生活の中で予防を心がけていくためには感染経路について知ることが重要です。インフルエンザウイルスの感染経路として主要なのは飛沫感染であり、感染している人の咳やくしゃみによって生じる飛沫を吸い込んでしまうことが最も多い感染経路と考えられています。そのため、ウイルスの透過できないN-95マスクを付けるということが注目されるようになり、市販されるようになりました。N-95マスクは医療従事者も使用している高性能のマスクであり、高い予防効果を期待できるものです。しかし、N-95マスクを着用している写真を見ると躊躇してしまう人も多いでしょう。美しいモデルの人が写真に載っているものの、そのマスクをつけた姿が滑稽に見えることも多いからです。写真写りが悪いというわけではなく、マスクの形状が独特であり、日常的につけて生活するには恥ずかしくも思えてしまう見た目を持っているからです。N-95マスクはその有用性こそ認識されているものの、街中を歩く人でつけている人をほとんど見かけられないのはそういった事情があるのです。