インフルエンザが家族に発生した場合には

インフルエンザはすぐにヒトに感染します。そのため、家族内の誰かに発生した場合、しっかりと他の人にうつらないように予防をすることが大切になってきます。家族がインフルエンザを発生したら、看護をする人も気をつけることが大切です。まず、患者の方はできるだけ家族とは別の個室で生活をしてもらうことです。さらに看護をしている人も、手洗いとうがいは徹底するべきです。さらに患者の方だけではなく、一緒に住んでいる人も常にマスクをつけてうつらないようにすることが大切です。インフルエンザを発生した患者の方を見守るポイントですが、子供の場合、治療を受けたあとでもけいれんの症状があったり、目が上を向いたりする症状があったりするときにはすぐに医療機関を受診することが大切です。さらに呼吸が速かったり、息苦しそうにしていたり、水分がとれていなくて半日以上おしっこがでないという場合にも医療機関を受診することが大切です。また、嘔吐や下痢が頻繁にみられたり、元気がなくてぐったりとしている場合もすぐに病院に連れていかなければいけません。インフルエンザは大人でもかかります。大人の場合も、インフルエンザで医療機関を受診したあとに、胸の痛みが続いていたり、3日以上熱が続く場合や、脱水の可能性がある場合にはすぐに医療機関をもう一度受診することが大切です。インフルエンザが家族に発生してしまった場合には、うつらないように努力をすることもとても大切ですし、看護をする人は患者の様子を常にみておくことが大切です。特に、子供やお年寄りの場合は重症化してしまうことがあるので、うつらないように気をつけたり重症化しないようにみておくことが大切です。